おばのウガンダ野球生活

Oli otya?大学三年次を休学してアフリカのウガンダ共和国にある野球ソフトボール協会でインターンとして一年間活動しています。そんな私の活動や日常生活を紹介していきます。

キャッチャーミット修理してみた

こんにちは、おばです!

 

キャッチャーミット修理してみたという事なんですけど、

実はウガンダでキャッチャーミット使い始めてから二週間くらいで紐が切れちゃいました(笑)

f:id:ugmitsu:20190715031801j:plain

壊れたミット

ウガンダのピッチャーの球は日本人と比べて手元で動くので紐が切れる事が結構あるようです。

まぁ自分が下手だから切れたっていうのも少なからずありますが(笑)

 

ってわけで修理しようと思ったんですけど選択肢は

「自分で直す」か「お店で直してもらうか」

の二択ですよね。

 

とはいえ、ウガンダではまだ野球がそこまで普及していない為野球用品を売ってるところなんてないし、修理できる人もいません😅

 

という事で、自分で修理することになりました👍

新しい紐は、日本へ一時帰国する職員さんに買ってきてもらうことで解決。

いい機会だと思ったので、ウェブ(網)部分以外にグローブ全部の紐を交換することにしました!

 

初めてだから順番忘れないように写真撮りながら外していこうってやってたんですけど、ミットの紐って凄い複雑ですね!

 

写真とか動画撮ってないと元通りにするの不可能だなとつくづく感じました。

 

↓とりあえず分解完了

f:id:ugmitsu:20190715041101p:plain

キャッチャーミット分解後

中身はこんな感じ!

三枚おろしみたいになりましたね(笑)

これが衝撃を抑えてくれているのかと感謝しながら新しい紐を通していきます。

(交換した古い紐の中でまだ使えそうなものは壊れているグローブを直すのに使う予定です)

 

二時間くらいかけてようやく完成…

f:id:ugmitsu:20190715041803p:plain

修理後

実は少し紐が足りなくてウェブの一番上の紐は古いのを使いました(笑)

150cm×5で足りなかったので自分で修理される方参考にしてください😎

 

自分で修理するのは構造とかがわかって面白かった半面、ミットが出来るまでにこれほどの労力がかけられているのかと知り、改めて道具が使えるありがたみを感じました。

 

もう紐切らないように気を付けます😁

野球関係で来る方はグラブ紐少し持って行っておくと役に立つかも?

後はバットグリップとかボールも!f:id:ugmitsu:20190715164342j:image

ほとんどこんな感じです😅

消耗品はいくつあっても足りないですね😰

 

ウガンダで野球道具を手に入れるには輸送費などのとてもコストが必要になるので、今後野球を普及させていくとするならば、道具を安価で流通させるために国内で野球用品を製造する環境を作ることは大きい課題かなと思います🇺🇬

 

以前ウガンダで手作りのグローブを作ったことがあるようなので、今度手作りの紐で壊れてるグローブを直してみようかなと思ってます。

 

では!

 

 

 

ミズノ(MIZUNO) バット用グリップテープ 2ZT210

ミズノ(MIZUNO) バット用グリップテープ 2ZT210

 

 

ウガンダ野球代表について

みなさんこんにちは!おばです😊

 

七月に入り、雨季も終わり毎日日差しがさすようになってきました☀️

 

さて、今回は五月にオリンピック予選を戦ったウガンダの野球代表についてお話ししようかなと思います!

 

 

①野球は職業にできない

皆さん野球のナショナルチームと日本で言われたら誰を思い浮かべますか?

恐らく柳田選手や山田哲人選手など国内のリーグで活躍している選手ですよね!

 

ウガンダの代表選手は一部を除きほとんどが「野球」を職業にできません。

ウガンダの野球は歴史が浅く、国内にプロリーグはありません。

一部日本の独立リーグでプレーしている選手もいますが、未だNPBやMLBに出ていく選手というのは出てきていません。

 

野球をしてお金を得るという事が難しいためほとんどの代表選手は他に職業を持っています。

つまり、野球をしている間は家庭や自分の生活を犠牲にして野球をしているという事になりますね。

 

一番若い選手はなんと15歳の学生!

 

高校一年生くらいの選手が代表でオリンピックをかけて戦うのは凄いですよね…

 

②ウガンダ代表の実力

f:id:ugmitsu:20190710215232p:plain

そんなウガンダ代表がどれほど強いのか興味ありますよね?

 

彼らが戦ったオリンピック東アフリカ予選の結果はこちら↓

 

ウガンダ🇺🇬 13-0 ケニア🇰🇪

ウガンダ🇺🇬 23-1 タンザニア🇹🇿

 

計 2勝0敗 でアフリカ代表決定戦へコマを進めました。

 

結構強いウガンダ代表🇺🇬

結果聞いた時はビックリしました。

東アフリカでは敵なしって感じですね。

 

選手のポテンシャルはとても高いです。

 

先述の15歳のピッチャーは140km/h近い速球を投げるし、バッター陣は練習で僕がバッティングピッチャーなんてやったときには、打球は簡単に外野の頭を越していきます(笑)

 

代表チームの練習補助、日本で言えば侍ジャパンの練習のお手伝いをさせてもらっているようなことなのでとてもいい経験をさせていただきました😍

 

そんな彼らは、オリンピック出場に向けて練習していましたが彼らにはとても大きな問題がありました。

 

③オリンピック予選に参加できないかもしれない

先述のように東アフリカ予選を勝ち抜き、さぁ代表決定戦!

と行きたかったのですが、行く前に問題がありました。

 

それは「お金」の問題です💶

 

オリンピック協会などから十分な予算が降りてこなかったようで、半月前の時点で十分なお金が集まっておらず、選手の数を減らして参加する、または棄権せざるをえないという状況にありました。

 

オリンピックという国際的な大きい大会の予選でもこういった問題が起こってしまうのかという驚きと、こういった現実があるという事実を知らなかったことが情けなく思えました。

 

そういった理由で、代表監督を含む野球協会のスタッフは資金集めに力を注いでいたため練習に100%の時間を注げていませんでした。

 

「途上国だから」

 

この一言で片付けてはいけない問題だと思います。

お金が原因で夢や目標を絶たれてしまう。

勝ち上がっても参加できない」という事態が現実に起こってしまったら、野球の普及は難しくなっていくだろうなと思います。

 

これに関しては、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)などのもっと大きい力が動くべき問題なのではないのかなと思いました。

 

 

④アフリカ最終予選

多くの方からのご支援によって、ウガンダ野球代表は南アフリカで行われる最終予選に人数を絞ってなんとか出場することが出来ました。

ご支援いただいた方、ありがとうございます。

 

オリンピック予選が行われるのは12年ぶりのようで、アフリカ全土から6チームが集まります。

その中から1チームだけが次の欧州予選に進み、その欧州予選で一位になれば東京オリンピック本戦出場となるとても厳しい道のりです。

 

大会開始直前に早速トラブル…

南アフリカ🇿🇦、ウガンダ🇺🇬、ジンバブエ🇿🇼、ブルキナファソ🇧🇫、ナイジェリア🇳🇬、ケニア🇰🇪の6チームで予選が行われる予定でしたが、ナイジェリアとケニアがVISAや資金の問題などで出場辞退…

4チームで最終予選が行われることになりました、

 

ウガンダ、ジンバブエ、ブルキナファソの3チームはなんと日本人監督

 

アフリカ最終予選で監督がほぼ日本人ってなんか不思議ですね(笑)

率直に日本人凄いなぁって思います。

 

最大の敵は南アフリカ🇿🇦

アメリカのマイナーリーグでプレーしてた選手たちも多く強敵です。

試合日程は↓

f:id:ugmitsu:20190710203357p:plain

試合組み合わせ

総当たり戦の後決勝リーグという形です。

 

ウガンダは初戦で南アフリカに負けたものの、ジンバブエとブルキナファソには勝利!

二位で予選を終えました。

 

予選の結果は↓

順       勝ー負

1.南ア🇿🇦 3-0

2.ウガ🇺🇬 2-1

3.ジン🇿🇼 1-2

4.ブル🇧🇫 0-3

 

準決勝は三位のジンバブエと🇿🇼

 

結果は21-5の五回コールド勝ち!

計20安打の快勝でウガンダ代表決勝へ

 

決勝の相手は南アフリカ🇿🇦です。

ジンバブエ戦ではいいピッチャーを温存できたため、これはウガンダにチャンスあるかも…

と期待していざ決勝戦!

 

結果は…

南ア🇿🇦 27-0 ウガンダ🇺🇬

 

まさかの五回コールド負け…

正直ここまで差があるとは思っていませんでした。

 

最終的に南アフリカには負けてしまいましたが、ウガンダはアフリカ二位という立派な成績でアフリカ最終予選を終えました。

f:id:ugmitsu:20190710215719p:plain

ウガンダ代表

南アフリカは欧州予選に進むことになりました。

欧州予選には日本で活躍するバレンティン選手のいるオランダなど強敵揃いですが、アフリカ代表として南アフリカには頑張ってもらいたいですね!

 

今回はあと一歩で残念でしたが、ウガンダ代表は平均的に若く、今15歳、16歳の高い能力を持った選手たちがが四年後力をつけて中心選手として活躍すれば次回はもっといい試合が出来るのではないかと思います。 

④最後に

f:id:ugmitsu:20190711015353p:plain

ウガンダの野球場

オリンピック予選が終わり、選手たちは次のステップへ進もうとしています。

日本の独立リーグでプレーする予定の選手は渡日に向けて毎日練習しています。

 

数年前まで選手たちはプロ野球選手という概念がなく、「いいコーチ」になりたいと言っていましたが、独立リーグでプレーする選手が出てきてからは「プロ野球選手になりたい」という選手が増えてきたようです。

 

NPBやMLBで活躍する選手が出てくれば「俺も!」と後に続いていい流れが出来るかもしれません。

ウガンダからプロ野球選手が出てくる日が今から楽しみです🇺🇬

 

では!

ウガンダでグラウンド整備

こんにちは!おばです。

前回は住居について書きました。

今回は、現在の住居に移ってくる前の期間にどこで何をしていたかについてお話ししようかなと思います。

 

 前回についてはこちら↓

www.ugmitsu.work

 ・グラウンドの整備

結論から言うと、移動するまでの間ナンサナという地域の野球チームが練習に利用しているグラウンドの整備を行っていました。

 

なぜ、グラウンド整備をすることになったかというと、、、

・地面がデコボコでまともに練習できない

・石やごみも沢山落ちている

・シューズを用意できずにスリッパや裸足で練習する子もいる

理由は主にこの三つです。

 

整備していたグラウンドのレベルは、正直日本の小学校の校庭以下です。

↓二時間くらい整備してこんなに多くのごみや岩が出てきました。

f:id:ugmitsu:20190707202354p:plain

二時間くらいやって集まった石とごみ

この環境で野球の練習をしようとしても、イレギュラーバウンドすることが当たり前で安心できずまともな練習が出来ません。

 

それに加えて、野球をプレーしている子供たちの中にはシューズが用意できずにサンダルや裸足でプレーしている子も少なくありません。

これでは足を切ったりしてすぐに怪我してしまいます。

f:id:ugmitsu:20190707220614p:plain

スリッパや裸足でプレーする子ども達

スパイクやユニフォームを提供する道具の支援を出来ればしたいところですが、僕たち自身学生であり、お金を使った支援は難しいと考えました。

ウガンダで野球道具は販売していない為、道具を提供するとなると他国から輸入するしかないため、道具を用意するのに加え運送費などの費用が必要となります。

 

お金を使わずに出来ることを考えた結果、地道にグラウンド整備することを決めました。

 

整備していると予想もしていなかった大きさの岩が何個も出てきました。

f:id:ugmitsu:20190707222914p:plain

よくこんな危険な状態でプレーできていたなとぞっとすると同時に身体能力の高さに感心しました

・うれしかったことも

嬉しかったこともあります。

 

日本人三人でグラウンド整備してると、現地の方から「なにしてるの?」と聞かれてグラウンド整備をしている事、何故それをしているのかを説明すると多くの人は僕たちの手伝いをしてくれました。

 

おそらく日本で同じことをやっていても手伝ってくれる人なかなかは現れないと思います。

何故手伝ってくれたのか彼に聞いてみると

「困っている人がいたら助けるでしょ!ようこそウガンダへ!」

といって二時間作業を手伝ってくれて、報酬を求めることもなく彼は帰っていきました。

活動を理解してくれて手伝ってくれたことがとてもうれしかったですね

 

この時に限らず、ウガンダ人は「困っていたら助ける」助け合いの思いが強いなと感じることが良くあります。

バイクが路上で倒れたらすぐに何人かで助けに駆け付けたりするのを見るとほっこりします。

 

優しい国民性はウガンダのいいところですね!

 

そんなこんなでこの活動を新居に移動するまで行っていました。

 

行くたびにごみが増えてたり、牛のふんが落ちてたりという事が続き、100%の状態にすることはできませんでしたが、選手たちが上手くなるための手助けを少しでもできたような気がします。

・最後に

場所は変わりましたが、これからも誰かのためになるようなことを一年間通して出来ればと思っています。(野球指導や居場所づくりなど)

 

では!

ウガンダでの住居紹介

みなさんこんにちは!おばです😁

今回は、ウガンダの住居と住むまでに起こったハプニングを紹介しようかなと思います!

 

 


1.家が…

3月16日に日本を出国して、17日にウガンダに到着しました🇺🇬

当初の予定では、一週間ほど研修を受けた後、現在の家へ引っ越してくる予定でした。

しかし、実際に現在の家へ引っ越してきたのは到着してから3週間後になりました(笑)

 

理由は、「家が完成していなかった」から😅

 

ちなみに、到着一週間後に家を見に行った際の様子はこちらです。

f:id:ugmitsu:20190704054322p:plain

到着一週間後

我が家にはなんとニワトリが住んでいました(笑)

 

ぶっ飛んでますね、ウガンダの洗礼を受けました🐔

 

大家さんによると「あと3日でできる!」とのことだったので、二週間あけて再度確認へ…

 

~~~~~~~~二週間後~~~~~~~~

f:id:ugmitsu:20190704054945p:plain

二週間後

 

「っておい、変わってないわ😂」

ってことで案の定完成していませんでした(笑)

しかも工期は3日→5日へ延長…😅

 

理由を聞くと、お金が足りなくて作業が進まないとの事💸

 

なので、5ヶ月分の家賃を先払いしてそのお金で作業してもらう事になりました。

 

とはいえ、流石に引っ越さないと研修を始められないので、工事中の家の隣の家に住ませてもらい、完成次第新居へ移動することになりました。

仮住まいの間取りは1Rでそこに男3人。

f:id:ugmitsu:20190704055820p:plain

仮住まい

見て分かると思いますが、ベッド3つだけで部屋の半分以上占めています…

日本で寮生活してた3人でもキツイと感じてたので相当厳しいと思います(笑)

 

2.ウガンダの家づくり

引っ越してくると、ウガンダの家がどうやって作られているのか知ることが出来ました🏠

夜中1時ごろ、寝ていると隣の部屋からガンガン音が聞こえてくるんですよね(笑)

 

全てに当てはまるわけではないですが、ウガンダの家づくりは夜中に行うことがあるようです。

 

理由は「日中が熱いから」とのこと…☀

 

「家が出来るまでの我慢」と三人は完成まで夜中の騒音に耐え抜きました。

 

また、ウガンダの家はレンガを使って作られているのですが、僕らの家のレンガは全て手作りでした!

f:id:ugmitsu:20190704060121p:plain

手作りレンガ

手作りの方がコストが抑えられるそうです。

強度は心配していましたが、意外に結構丈夫です。

 

日中に「レンガ二千個作るんだよ!ははは」みたいな感じでに作業していた時はさすがにビックリしました(笑)

 

てなわけで引っ越してからなんと1か月後!

ようやく家は完成して新居での生活が始まりました。

当初の予定は3/24には完成している予定でしたが、結局完成したのは5月(笑)
アフリカンタイム恐るべし…😅

間取りは部屋が二つになったため、ようやく余裕のある生活を迎えることが出来ました。


3.お風呂とかトイレはどうしてるの?

①トイレ

トイレは家の中にはなく、家の外にある共用トイレを使っています🚽
ウガンダの一般的なトイレに便座はありません。
ちなみにこんな感じ↓

f:id:ugmitsu:20190704173502p:plain

ウガンダのトイレ

タイプで言うと和式に近いのかなぁ?
20メートルくらい穴を掘ってその上に岩を乗っけて穴をあけて作るそうです。
日本は一家に一個水洗トイレがあって恵まれてるんだなあと改めて感じます。


②水道・お風呂

水道は家には通ってなくて、家の前にある雨水をためた貯水タンクから使っています

f:id:ugmitsu:20190704173620p:plain

貯水タンク



お風呂に関しては、もちろん湯舟はありません。
そして、シャワーもついていない為ベイズ(水浴び)をしています。
ジェリカンというポリタンクみたいなものに貯水タンクから水を汲んで体を洗ってます。

f:id:ugmitsu:20190704060727p:plain

ジェリカン

水だけのベイズは結構きついので、半分くらいケトルで沸かしたお湯を使って「お湯の水割り」みたいな感じでやると快適なベイズをすることが出来ますよ!


ちなみにシャンプーとかはパンテーンとかウガンダでも売っているので、強いこだわりがない限り持ってこなくて大丈夫だと思います。

 

③電気

電気は通っています。

ウガンダの電気はプリペイド式

 

各家庭に「yaka」と呼ばれる機械がついていて、機械ごとに番号が決まってます。

お店で〇円分チャージしたいといって機械の番号を伝えれば、チャージ完了!

電気を使えます。

 

コンセントはBFタイプです。

変換プラグ持ってこないと日本のコンセントは使えないので必須です。

 

僕が持ってきたのはこれです↓

USBついてるしいろんなプラグに対応できて結構便利!

 

 

 

4.最後に

いかがでしたでしょうか?

これから2月まで、この家でどんな生活を送っていけるか楽しみです!

次回は現在の家に引っ越してくるまでにやっていたことについて書こうかなと思います。

 

では!

ウガンダ紹介第二弾(食事編)

みなさんこんにちは!

日本ではそろそろ夏本番ですね🍉


この時期、毎年高校野球でどんな選手が出てくるかとても楽しみです!
ウガンダでの野球については今後書いていきたいと思います⚾

 

さて、今回はよく聞かれることがあるウガンダの「食」について紹介しようかなと思います🍚

 

 

 

主食編

1 日本とは逆?

皆さん、日本の食卓をイメージするとどんな光景を思い浮かべますか?

f:id:ugmitsu:20190629223606p:plain


恐らく上の画像のようなお米などの主食が一つあり、その周りにおかずが何品か並ぶ様子を思い浮かべたと思います。

 

ウガンダのご飯は、日本とは正反対と言ってもよいでしょう。

日本はおかずが豊富なのに比べ、ウガンダは主食が豊富です!

ウガンダでは、主食複数+おがず一品というようなスタイルになっています。

 

 2 豊富な主食紹介

さて、次はその豊富な主食を詳しく紹介していきたいなと思います。
現地の人も良く食べる代表的な主食はこの三つ

 

①マトケ ②ポショ ③コメ

 

③はともかく①、②はなんぞや?って感じですよね(笑)
まずは①のマトケから!

 ①マトケ

 一つ目は、マトケです。

この画像、何かわかりますか?

f:id:ugmitsu:20190629225202p:plain

そうです、これはバナナです🍌


皆さんのイメージするバナナと言えば、黄色くて甘いものだと思います。

 

ウガンダにも黄色いバナナはありますが、こちらの緑色の食用バナナ(マトケ)が圧倒的に利用されています。

どのように食べるかというと、皮をむいたバナナを蒸した後につぶした物が食べられています。

f:id:ugmitsu:20190630012805p:plain

マトケ調理後

私の感覚ですが、味はバナナというよりは芋に近い感じですね。
バナナが主食って考えはウガンダに来るまでなかったので、初めて見たときはビックリしました!

 ②ポショ

二つ目はポショです。
ポショとは、トウモロコシを乾燥させて粉状にしたものを沸騰したお湯に入れて練ったもの🌽
↓出来上がりの形はこんな感じ(画像右側)

f:id:ugmitsu:20190629234409p:plain

ポショマメ

白い塊になります(笑)
「消しゴムみたい」という人もいますが、私は結構おいしくて好きなんですよね!
豆スープと合わせた「ポショマメ」は多くのウガンダ人に食べられていて、学校の給食でもよく食べられています。


私は正直、マトケよりもポショの方がおいしいと思い、どちらか選ぶとなればポショを選びます。


これは本当に人それぞれといった感じで、ウガンダにいる人同士の会話では
「お前どっち派なの?」
「俺はマトケ派だわ~」
みたいな会話もあったりしますよ(笑)


現地の人と話をしている時も「あなたはポショとマトケどっちが好きなの?」みたいなコミュニケーションツールとして使えます(笑)

 

③コメ

コメとは言えども日本のコメとは種類が違います🍚


種類で言うとタイ米に近い感じ。
コメに関してはそこまで説明することはないですね(笑)
特徴を一つ上げるとすれば、ウガンダの人は刻んだ玉ねぎを入れてお米を炊いたりします。
まあ、普通のお米です(笑)

 

 ④その他にも…

代表的なこの三つの他にも、芋やキャッサバ、ゴンジャ(焼きバナナ)やパスタなど本当にとてもユニークな主食がそろっています


キャッサバの根茎から採れるでんぷんは、最近大人気のタピオカの原料として使われていますよ🍹
意外に知らないところで関わってるんですね、、、

 

 3 お店でウガンダ料理(ウガ飯)を食べる

ローカルレストランに行くとウガ飯を食べることが出来ます。

先述の通り、ウガ飯はおかず一品+主食複数となります。


チキンやビーフ、ゴート(ヤギ)、ナッツのスープ(おかず)を選ぶと主食を聞かれます。

 

ちなみに日本では、ビーフ>ポーク>チキンに順で高いですよね。

(日本のゴートの値段がわからないのでゴートは飛ばします(笑))

 

ウガンダでは、チキン>ポーク>ビーフの順になります。


今回の私のオーダーはこんな感じ!

f:id:ugmitsu:20190630002733p:plain

チキンスープ&ライス+ポテト+ポショ


チキンスープ&ライス+ポテト+ポショ

嬉しいのは、主食を何種類頼んでも値段が変わらないところ!

例えば、

1.マトケだけ食べる

2.マトケとポショと芋とコメと…etc

これでも1と2の値段は変わりません

一種類じゃ飽きるわ…って人にはうれしいサービスですね


ローカルフード食べ歩き編


1 数多い屋台

f:id:ugmitsu:20190630003859p:plain

並ぶ屋台

ウガンダの街中では数多く屋台が出ています。
種類はそこまで多くないですが、店ごとにこだわりがあったりして自分のお気に入りの店を探すのも楽しいですね(笑)


日本で言うとファミチキ派かLチキ派かとでもいうところでしょうか…(笑)
ここでは自分の良く利用する以下の三つの手軽に食べられるローカルフードを紹介しようと思います。
①ロレックス ②サモサ ③マンダージ

 ①ロレックス

皆さん聞いたことありますよね?
ウガンダではロレックスというものが食べられています。

まぁ、もちろんあの高級腕時計ではありません(笑)
何故ロレックスかというと「Rolled Eggs」がRolexとなったようです。

f:id:ugmitsu:20190630010157p:plain

ロレックス

見た目はクレープのようですね🌯
名前の通り卵がチャパティーという円状のパンのようなものに巻かれています。
お店によっては野菜がたくさん入っていたりしてとてもおいしいです。

f:id:ugmitsu:20190630010858p:plain

ロレックスの巻く前

卵1個500UGX(約15円)チャパティー1枚500UGX となっていて、自分の好きな量で注文できます。


私はだいたい2エッグ1チャパティーです。1500UGX(約45円)
おいしくておすすめです!来たときは是非!

 ②サモサ

次はサモサです。

f:id:ugmitsu:20190626165651p:plain

サモサ

上の画像のように三角形の油で揚げられたものです。
特徴は中身の種類が多い事と安い事(中身による)
中身はマメが入っていたり、お米が入っていたり、肉が入っていたりと様々。
豆が入ってるやつは結構安くて店によっては200UGX(約6~7円)で買えたりします。

 ③マンダージ

最後はマンダージです。

f:id:ugmitsu:20190630005856p:plain

名前だとわからないと思いますが、ドーナツのようなものです🍩
こちらも安く買えるので、小腹がすいたときにおすすめです。
甘いので、おやつにはぴったりですよ。
ウガンダティーと併せて食べてもサイコーです☕

  

番外編

セネネ

番外編は昆虫食です。(画像用意できませんでした)

セネネとは何のことかわかりますか?


ウガンダでセネネというのはバッタの事を指します🦗

 

そうです、ウガンダではバッタが食べられています
まぁ、日本でもイナゴ食べられてるし似たようなもんですかね(笑)
味はエビのような感じで結構いける
ウガンダに来たらぜひお試しください

 

最後に

f:id:ugmitsu:20190629235920p:plain

いかがでしたでしょうか?

 

場所が違うと食文化も違うものですね。

三か月たって日本食が恋しくなってきました…

特に生魚と家系ラーメンが食べたい(笑)

 

首都のカンパラへ行けば日本食レストランもありますが、少々値が張るので一年間日本食は我慢しようと思ってます。

 

ウガンダへ来た際にはぜひウガンダの物を色々食べてみてください!

 

次回からはこの三か月間あったことをぼちぼち書いていこうと思います。

では、また!

ウガンダってどんな国?紹介します。

みなさんこんにちは!

ウガンダに来て三か月ほど経ちました…🇺🇬
正直なところ、ウガンダってどんな国なのかわからない方も結構いると思います。
(私も大学に入るまで名前すら知りませんでしたw)

今回は、ウガンダについて紹介していきたいと思います!

 

1.ウガンダってどこにあるの?

f:id:ugmitsu:20190626153449p:plain

ウガンダは、東アフリカの赤道直下に位置しています。
日本からは飛行機で約一日かかります(笑)
ケニア、タンザニア、ルワンダ、南スーダン、DRCコンゴの五か国に囲まれた内陸国です。

f:id:ugmitsu:20190626154303p:plain

かつてイギリスの首相チャーチルが「アフリカの真珠」と称したほど豊かな自然が広がっています🌳

日本とウガンダの時差は-6時間

首都はカンパラ(Kampala)

国際空港のあるエンテベ(Entebbe)からカンパラは35km程離れています。

カンパラの標高は1190M

日本人は国民の80%が標高0~100Mに住んでいるという事ですから標高が高いことが分かると思います。

 

2.ウガンダの通貨は?

ウガンダではウガンダシリング(UGX,USh)というウガンダ独自の通貨が使われています💸

f:id:ugmitsu:20190626161402p:plain

ウガンダシリング(UGX)です。画像の他に500UGXコインと2000,10000UGX札があります。

日本円で換算すると1000円で約30000UGX 1円=約30UGXという事になります。

しかし、ウガンダで日本円とUGXを両替することはレートが悪くお勧めできません。

50ドルや100ドルの額の大きいお札の方がレートがいいので、日本で額の大きいUSドル札に両替してから持ってくることをお勧めします。

3.言語は?

ウガンダの公用語は、英語とスワヒリ語と言われています!

昔イギリスの植民地だったことが要因で教育をしっかり受けた人とはほとんど英語でコミュニケーションをとることが出来ます。

スワヒリ語については、実際話す人はそこまで多くなく、ガンダ語という現地語が最もよく使われています。

とりあえず、英語が出来れば何とか生活していけます!


4.気候

赤道直下の為、とても暑いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、標高が高いためそこまで暑くなく、風が吹き過ごしやすい気候です。
日本の夏の方が暑さが厳しいのではないかと感じます。
季節は大きく分けると雨季と乾季の二つで、雨季は毎日と言っていいほど雨が降ります。

 

夜は冷え込むため上着を一枚持ってくることをお勧めします。


5.物価は?

物価は基本的にとても安いです!

飲料🥛
ペットボトルの水(500ml)→1000UGX(約30円)
各種ソーダ(500ml)→1500UGX(約50円)

日本で水を買うと100円くらいするのでかなり安いですよね!

 

ローカルフード

f:id:ugmitsu:20190626165043p:plain

ローカルフード(画像はサモサ)



街中を歩いていると屋台が出ていて、食べ物を購入することもできます。

なんと100UGX(3円)から買えるものもありますよ!衝撃価格ですねw

画像のサモサも200UGXで購入しました!

食べ物については次回詳しく紹介したいなと思います!

 

6.交通機関は?

基本的に車かバイクの二択です。

f:id:ugmitsu:20190626155536p:plain


日本の中古車(ハイエースなど)やバイクがたくさん走っており、カンパラ市内ではよく渋滞が起こっています。
鉄道は貨物のみで旅客用はないため、選択肢には入らないでしょう。

7.最後に

f:id:ugmitsu:20190626163033p:plain

いかがでしたか?
比較的治安もよく過ごしやすい気候のウガンダ、是非一度来てみてください!
次回は食事について紹介しようかなとおもいます。
では!

 

 

E09 地球の歩き方 東アフリカ ウガンダ・エチオピア・ケニア・タンザニア・ルワンダ 2016~2017 (地球の歩き方E09)

E09 地球の歩き方 東アフリカ ウガンダ・エチオピア・ケニア・タンザニア・ルワンダ 2016~2017 (地球の歩き方E09)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

自己紹介(ブログ始めました)

みなさん!はじめまして!

 

私は現在、東京の大学で勉強しているおばといいます!

 

専攻は経営学で、現在二年修了時で休学しています!

 

小学校一年から高校三年までの十二年間ずっと野球をやっていて勉強は正直得意ではありません…(笑)

 

大学入学当初は「海外」という二文字など全く考えていませんでした。

というか日本から出たこともなかったですからね(笑)

 

そんな私は、現在なんと一年間大学を休学してアフリカのウガンダ共和国へ来て、ウガンダの野球ソフトボール協会で働いています!!!

 

恐らく多くの皆さんは、「いや、どこやねんそれw」ってなっているか「アフリカって安全なの?」ってなると思います。

 

ちなみに以下が私の海外渡航歴です。

2018年6月(約一週間) ウガンダ共和国🇺🇬 

2019年3月~翌年二月  ウガンダ共和国🇺🇬

 

ウガンダにしか行ったことがありません(笑)

 

何故今回また来たのか?

それは、チャレンジしてみたかったから!

 

一回目の一週間の滞在では、正直なところ不完全燃焼。。。

もう一度同じウガンダという地で勝負したいと思い応募しました。

 

しかし、大学を一年間休んで海外へ行くという選択は、とても大きなチャレンジでした。

 

そんな迷っていた時、友達からの

 

「迷っているって事は行きたい気持ちがあるってことだから行きなよ!」

 

この一言が私をハッときづかせてくれて、今回の休学を決意できました😮

 

もちろん、不慣れなウガンダという地で暮らしていくことは不安ばかりですが、この一年間ウガンダで様々なチャレンジをして、少しでも多くの事を吸収できるようにがむしゃらに頑張っていきます👍

 

日常生活や活動の中で気づいたことを発信していきます!

これからよろしくお願いします😁